PROJECTS

新たな物性・機能を有する有機物質の創製において、ヘテロ原子は物質の特性を決定づけるいわば「キープレーヤー」としての役割を果たしています。また、生体機能を分子レベルで理解する上でも、活性部位におけるヘテロ原子の役割の解明は欠かせません。新たな有機合成試剤の開発という観点からも、ヘテロ原子の個性を活かした分子設計は、今後ますます重要になると予想されます。有機化学の領域をさらに拡大していくためには、周期表上の各元素がもつ従来の常識を越えた特性を引き出すとともに、個々の元素の特性を統一的に理解するための新たな概念を構築する必要があります。そして、そこで得られた知見をいかに新物質の創製に活用していくかが鍵になると考えられます。後藤研究室では、独自にデザインしたキャビティ型反応空間を活用して、従来合成が困難だった様々な高周期ヘテロ元素化合物を創製し、その性質を明らかにする研究を行っています。そして、生体反応機構の解明や、新たな機能性物質の開発などへの応用を図るとともに、総合的な解釈を加えることにより、有機元素化学の新たな体系を形成することを目指しています。

生体反応活性種の安定化

孤立空間の反応場としての活用

ボウル型配位子の開発

と応用

共有結合性中空構造体

©2019 by GOTO-ONO Research Group. All rights reserved. No reproduction without permission.